バラの花びらをuvレジンで固めてみた

DSC_0038_R.jpg
うん、なかなか良いんではないかい?

DSC_0037_R.jpg
似てるけど違うバラ。
2種類のバラをuvレジンで固め4mmの丸カンをつけました。
3mmのほうがよかったかな?

生花の時と乾燥させた時、UVレジンを塗った時では微妙に色合いが変わります。
3種類の赤系のバラを乾燥させましたが1種類は乾燥時点で黒々としたのでレジンは塗りませんでした。
真っ赤なバラは乾燥させると黒くなります。
レカンフラワーだとそれを赤く戻す技術があるのですが今回は手間もかかるのでその技術は使わず、もともとのバラの色が濃いピンクになるものだけを使いました。

1枚仕上げるのにUVレジン塗り8回!
結構根気いりますね。。

丸カンはUVレジンで張り付けています。
厚くレジンかけてますので取れることはなさそうです。

作る前にバラの花びらピアスで検索すると画像が結構ヒットしましたがほとんどが花びらに穴をあけてました。
それも試してみましたがレジンの上から開けようとすると花とレジンが剥離しました。
うまくあけられたとしてもその穴の断面の花びらはコーティングされていないので、そこから酸化し退色や変色がはやくなるのでは?と想像されます。
最初に花びらに穴をあけ、レジンで覆い、コーティング後再度穴あけ・・・も試しましたが最初の穴開け時点で花びらが痛みやすく。
結果、マルカン貼り付けが一番きれいにできる気がします。

綺麗にできますが、慣れるまでは思った位置に固まってくれず四苦八苦しましたけども。。

ここまでは試行錯誤しながら楽しくできましたがここから先が苦手です。。
ピアス、イヤリング、ネックレスにしようと思いますが1枚2枚?
長さ高さは?パールやビーズなどの副資材を使うか使わないか?
台紙は?袋に入れる入れない?お値段は?

・・・・に・が・て。。

こちらは組み立てがうまくいけば6/19から出店する松江イングリッシュガーデンでのクラフトフェアに持っていく予定です。
花加工はうまくいったけどなーこれから先がなー。。。

お花のアクセサリー
着色してませんので永年もつというわけにはいきません。
お花が持つ特性や、採取次期、乾燥度合、レジンの種類や厚さ、着ける頻度、保管方法など様々な要因でもちが変わります。
去年のバラをレジンコーティングして日光のあたる場所に放置して数か月。
まだきれいなままですので半年やそこらでは変色するわけではないようです。
金属より寿命は短いですが自然のお花を身に着けるのは素敵だと思います。




これはデビッドオースチンのザ・プリンス
全体的には痛んでいたのでバラバラにして花びらの状態で乾燥へ。
綺麗に乾燥すると花びらアクセサリーが増えるかもしれません。

よかったらショップ覗いてみてくださいね!


その前に応援のぽちっとなをお願いできますでしょうか?
下の画像をおしていただくとブログ村でのランキングが上がります^^
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 透明樹脂・レジンアクセサリーへ
にほんブログ村



美和田屋はこちらから






関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

たく

Author:たく
レジンアクセサリーの材料屋を始めました。レジンアクセサリーとレカンフラワーを中心にお花と日々の暮らしをつづります。

「ぽちっとな」お願いします

最新記事

美和田屋

カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

カテゴリ

楽天ショッピング