2016/04/06 Wed  15:32
水紋モールドをUVレジンで作ってみた


じゃーん、いかがでしょう?

UVレジンで水紋作ってみました。
何とか作れたって感じ?

IMG_6190_R.jpg
右がUVレジン、左がエポキシレジン
色の濃さはすみません,UVレジンが濃すぎました。。

IMG_6192_R.jpg
アップにも耐えうる?

IMG_6184_R.jpg
今回使ったのはUVレジンクラフト液。
なんで美和田屋オリジナルクリアレジン使わないのかっていうとこのためし実験をしたときにはまだ届いてなかったからでーす。
サンプルはあったんですけど何せ量を使うもので。
前のブログにも書きましたがモールド1個で約10g必要です。
25g入り1本ほとんどなくなります。。

固まる実験として
1、薄く層にして固めながら作るタイプ
2、一気に液を満タンまで入れ長時間ライトを照射して固めるタイプ
で試しました。

準備したのは水紋モールドとクリアカラーの青をあらかじめ混ぜておいた上記UVクラフト液。
黒いボトルの中に1滴着色剤落としても色が見えないから濃さがわからなかったんですよー。。

最初から色を付けているので層による色の違いはありません。

実験中の画像がなくてすみません。

まず1番目
薄く流しいれて固めると固まりました。
層を重ねていくときが問題あり。
UVレジンはエポキシに比べるとどうしても収縮が大きいためレジンを上へ重ねていくとモールドと固まったレジンの塊の隙間からレジン液が底のほうへまわりせっかく固めた波面に変な凸凹ができてしまいます。
これは避けようがないと思います。
なので一番上まで固めて抜いてから
温めてゆるめたUVレジン液を筆で塗り固めると波面が残りつつ表面もきれいになりました。
側面もUVレジンの場合はざらつき凸凹してしまいますのでやすってなだらかにしてから、同じく筆塗りして固めました。
隙間から表面に流れ出た量の凸凹の大きさによってはカバーしきれないことがあるかも?
エポキシに比べるともったり感がありますが固めることはできました。

2番目
着色したUVレジン液を一気に上部まで流しいれライトを15分照射し続けてみました。
抜くと、側面までは固まっていたものの肝心の波面がべたべた。
べたべたというより固まってない。
ただ、波型はある程度ついていたのでそのまま抜き波面を上にしてライトを照射したところ1番目のと変わらないような表面ができました。
側面を削って筆塗りして固め終了。
こちらのほうが波面がきれいかなという感じに固まりましたが、問題があります。
1回に固める層の厚さが厚すぎて高温になりすぎる。
実験ではなんとかできましたが夏場などもともとが高温の時期にはたして何度まで上がってしまうのか。
どんな影響があるのか。
という感じです。

結論
UVレジンでもできなくはない。
高額。
固めた後のひと手間が必要。
固め方によってはきれいに行くときと行かないときがある。
高温になるかもということを気にしながら注意する。

という感じでしょうか。

また写真がなく文章だけの見にくいブログになってしまいましたが参考になればと思います。


よかったらショップ覗いてみてくださいね!


その前に応援のぽちっとなをお願いできますでしょうか?
下の画像をおしていただくとブログ村でのランキングが上がります^^
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 透明樹脂・レジンアクセサリーへ
にほんブログ村


美和田屋はこちらから



 ←美和田屋twitterはこちらから

美和田屋Creema店」 は←こちらをクリック!



美和田屋公式フェイスブック






関連記事
スポンサーサイト

tag : #美和田屋 #レジン #水紋モールド

Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック:]

まとめ

北海道、沖縄、離島のお客様へ <<         ホーム         >> 琥珀のなかに閉じ込められたみたい・・・セピアレジン